買取り申し込み

ダイヤモンドの歴史・辞典

color:カラー

ダイヤモンドは一般的に、無色透明に近いものほどグレードが高くなります。
無色透明を最高のDとし、黄色味を帯びるにしたがってZまでの23段階に評価されます。 しかし、ダイヤモンドには多くの色があり例えば無色の他にイエロー、ブラウン、グレー、ピンク、レッド、オレンジ、ブルー、グリーンなどです。その中でイエロー、グレー、ブラウン以外のカラーダイヤモンドはとても希少です。

(1-10/全13件)

1 │ 2
無色透明
「国際カラー等級表」にしたがって等級がつけられます。 色の鑑定は難しく熟練が必要...

詳細を見る

ピンクダイヤ
ピンクダイヤの産出量は、通常の無色透明のダイヤの0.01%、1カラット以上の大粒...

詳細を見る

イエローダイヤモンド Yellow Diamond
カラーダイヤの中では比較的入手しやすいイエローダイヤ。最高級とされる『カナリー・...

詳細を見る

ブルーダイヤモンド
ブルーダイヤモンドで最も忘れられないイメージは映画「タイタニック」です。劇中、ブ...

詳細を見る

ブラックダイヤモンド  BLACK DIAMOND
近年、男性用アクセサリーとして人気のあるブラックダイヤモンド。黒くなった原因は、...

詳細を見る

ブラウンダイヤモンド BROWN DIAMOND
ブラウンダイヤは産出量も多く、比較的安価に入手することができるカラーダイヤの一つ...

詳細を見る

グリーンダイヤモンド
グリーンダイヤモンドも非常に稀少ですが、天然と人工品との区別が非常に難しいと言わ...

詳細を見る

オレンジダイヤモンド
オレンジダイヤモンドも非常に稀少ですが、天然と人工品との区別が非常に難しいと言わ...

詳細を見る

パープルダイヤモンド
パープルダイヤモンドは、他のファンシーカラーダイヤモンド同様かなり貴重な色です。...

詳細を見る

レッドダイヤモンド
ピンクダイヤよりも更に稀少なレッドダイヤモンド。天然と人工品との区別が非常に難し...

詳細を見る

ページの先頭へ