買取り申し込み

ダイヤモンドの歴史・辞典

Carat:カラット

ダイヤモンドの重さを測るのに使われる単位です。1カラットは200ミリグラム(0.2グラム)に相当します。「カラット」という言葉は、古代の人々が秤で重さを量るときに使った「カロブ“carob”」(イナゴ豆)の種に由来しています。ダイヤモンドを購入するときに最も重視されるのが「カラット」です。その中で0.20ct以下のダイヤモンドは通常メレーダイヤと呼ばれています。

(1-10/全6件)

1
カラットの語源と実際の重さ
昔、地中海から中近東、インドで採れるサヤの中の位置に関係なく重さがほぼ均一で1粒...

詳細を見る

重さの表示方法
ダイヤモンドの重さはカラットで少なくとも 1/100 までの精度(小数点以下2桁...

詳細を見る

ダイヤモンドの大きさと重さの関係
ダイヤモンドの大きさと重さの関係は、ダイヤモンドの比重が分かっていますから、体積...

詳細を見る

ダイヤモンド カラットの希少性
ダイヤモンドはカラットが増すにつれて価格も上がります。また、大きい石が比較的少な...

詳細を見る

ダイヤモンド原石とカラットの関係
外部結晶形状ダイヤモンドは八面体、すなわち三角形の側面が8枚ある形です。 八面...

詳細を見る

プラチナ ダイヤモンドリング  ラウンドカット 
センターに2ctUP(2.079ct)のHカラー、VS-1,Goodのダイアモン...

詳細を見る

ページの先頭へ